脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

【本当にあった】“おかゆライス”を食べられるお店

【本当にあった】“おかゆライス”を食べられるお店

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年08月13日 (月) 21:46 | 編集
 魚沼産コシヒカリで著名な新潟県魚沼市には、日本で唯一とも言える、正式メニューに“おかゆライス”が載っているお店、小割烹『嗚呼留』がある。今回は、その小割烹『嗚呼留』で出される“おかゆライス”を体験取材してみた。
 店内は老舗旅館の風情といった感の漂う温かみのある作りで、こじんまりとはしているものの座敷以外にもテーブル席の用意され、非常に雰囲気のある佇まいだ。

 今回は目当ての“おかゆライス”単品の味を確かめるため、一品のみを注文してみたが、メニューは海の幸・山の幸と豊富に用意されていて、とても目移りがする。

 待つこと15分程で“おかゆライス”は運ばれてきた。竹の器によそられた“おかゆライス”はほんのりと漂う竹の清涼感あふれる香りとうまくマッチして非常に食欲をそそる。
 白いホカホカのご飯の上にかけられた、光沢を感じさせるおかゆは見た目にはあまりご飯と見分けがつかなかったが、口に含んでみて大きな驚きが広がった。

 「え、味がまったく違う!?」

 そう、ご飯とおかゆの味がまったく異なるのだ。お店の主人の話によると、ご飯もおかゆも調味料は一切使っていないという話だったのだが、それでこうも味がちがうものか・・・

 ご飯は噛めば噛むほど甘い味わいが出るのはもちろんだが、おかゆの方は、甘さを出しながらも口の中をすっきりさせるような感覚があり、当初考えていた、「どっちも混ぜて食べたら味なんてわからないだろう」という予想は大きく外れ、一緒に食べるからこそ味の違いが判るという感じが強い。

 気になる調理方法は、秘中の秘という事で教えてはもらえなかったが、通常のご飯の炊き方と比べるとかなり手間隙がかかるという話は聞くことができた。ご飯にこだわりのある方は、一度体験してみる事をお勧めする。ご飯というものに対する考え方が一変するかもしれない。

最新のランキング情報はこちら 


PR:遠赤外線で芯からふっくら!!
   かまど炊ごはんで美味しいかまど炊き風炊飯鍋




参照サイト・ブログ
【大阪】“本当にあった、お好み焼き定食”…「炭水化物と炭水化物…この組み合わせは理解できない」と読売記者(痛いニュース)
もう『おかゆライス』でいいじゃない
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
相互リンク希望
管理人様

何時も楽しくブログを拝見させていただいています。

私は2ch美容板「これほど醜い日本人女性」のまとめサイトを管理している者で
す。

参考↓現在のスレッド
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/diet/1187002879

「これほど醜い日本人女性」はスレが立ってから約3年以上、現在パート246まで
進み、ハングル板やVIPからも大勢遊びに来る名物スレッドです。

そしてこれがまとめサイトです→http://handicap.scenecritique.com/

できれば相互リンクしていただければ嬉しいです。良ければ前向きに検討していいた
だけないでしょうか?

相互リンク承諾についてはメールで連絡いただければ
ありがたいです。

「これほど醜い日本人女性」管理人より
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。