脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

行政の責任を問う新法案、『行政府国民審査法案』

行政の責任を問う新法案、『行政府国民審査法案』

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年07月13日 (金) 23:14 | 編集
 参議院選挙が公示され、参議院選挙を睨んで、様々な政党からマニフェストが公開されている。そんな中、社会の不正義を正す事を目的とする政党『国民正党』から面白い新法案が提示されたので紹介しよう。
 昨今は、社会保険庁の怠慢による年金問題や厚生労働省も関わる医療崩壊問題等々が表出し、行政府に対する国民の不信感は非常に大きなものとなっている。

 その為『国民正党』は、現在も行われている“最高裁判所裁判官国民審査”と似たようなシステムを各行政省庁にまで押し広げる、“行政府国民審査法案”を政党のマニフェストに含めている。

 簡単に言えば、国会議員選挙の際、同時に各省庁に対する不信任投票を行う形で、国民は自分が支持出来ない行政を行っている省庁の箇所に×印をつけ投票する形となる。

 この法案では有効投票数の3割を超えた不信任投票をされた省庁は減棒等を含む懲戒処分、過半数を超えた場合は最高責任者の罷免、7割を超えた場合は、新しい職員に仕事を引き継いだ上で、全職員の総解雇等を検討するという厳しいものとなっている。

 また同様にこの“行政府国民審査法案”には、市町村選挙の際にも市町村行政の不信任を問う内容も含まれており、この法案が実現すれば、少しはマシな行政運用が期待できるかもしれないと思わせるものとなっている。


【その他の政治関連記事はこちら】
 ⇒ 若者を鍛え直す!国民の義務『強制就労法案』


最新のランキング情報はこちら 

PR:年金大崩壊


参照サイト・ブログ
ありがちに参院選の予測など(極東ブログ)
日本総合研究所「日本の進路を決める2007年参議院選-国民の正しい選択はマニフェストから-」(ガ島通信)
どこまでがセーフかわからんけど選挙の話題(ぼやきくっくり)
民主党 民団ともズブズブなんですね(やじざむらい的日々雑感)
社会保険庁による国民年金保険料の不正免除問題がわからん(極東ブログ)
社会保険庁・年金不正免除の実態(徒然なるままに@甲斐田新町)
あきれた社会保険庁の実態(自民党)
マクロ経済スライド調整率-年金制度維持の劇薬(海外旅行紀行・戯言日記)
社会保険庁の年金問題を現役厚生労働省職員が告白【省庁包みで画策】四乃四四がKILL(神よ!人に真実を教えることが罪なのか~サタン(ミルトン・失楽園)新カストリ文学座長SF忌憚作家四乃四四)
社会保険庁だけがゴミなのか?(世界共和国ブログ(iza版))
民主党マニフェストに書かれた売国政策 ~民主党に投票できない理由~(アジアの真実)
社保庁関連の流れが分かるコピペみつけたーよー(ひげおやじの秘密小屋)

コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。