脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

ウェブサイト管理人の孤独な死

ウェブサイト管理人の孤独な死

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年05月27日 (日) 22:03 | 編集
 東京都足立区のにあるアパートの一室で26日、男性の死体が発見された。

 隣室の住人の「変な臭いがする」という通報で駆けつけた警官が発見したものだが、死後1ヶ月は経過しているとみられ、死体は既に腐敗しはじめている状態だったという。
 警視庁の発表によると、男性は韓国や中国、北朝鮮、在日、朝鮮系宗教などいわゆる特定アジアに関するニュース情報をまとめた、有名ウェブサイトの管理人で、インターネットの世界では、それなりに名前を知られていた存在だったという。発見された当時もパソコンはつけられたままで、ウェブサイトのテキスト入力画面が表示されていたままだった。

 男性は家族もおらず天涯孤独の身で、目立った交友関係も無く、怨恨の線も考えられないことから、捜査の当初から事件性は無いもの判断されている。

 死亡した状況もそれを裏付け、男性の直接の死因は、首に硬結びの形で巻きついた紐での頚動脈圧迫と判っており、首筋などに紐を取り除こうとして出来た引っかき傷があることから、自殺を決意して紐で首を締めたものの、やはり苦しくなり外そうともがいたが果たせず、そのまま死んでしまったものと見られている。

 また、男性の部屋はゴミ箱などが満杯となり、流しには洗い物が溜まっていたものの、室内や廊下、玄関などはきちんと掃除機がかけられた様子があり髪の毛一本落ちていなかった事で、そこでも覚悟の自殺だった事が伺える。

 家族もおらず交友関係もないウェブサイト管理人の孤独な死。

 最期に男性が遺した文章は「おや、こんな時間に人がくるなんて、宅急便かな・・・」というものであった。

最新のランキング情報はこちら 

PR:創価学会・公明党の犯罪白書

参照サイト・ブログ
嫌韓系サイトが次々と死亡?
創価学会とは?
なぜか多い政治関連自殺
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。