脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

市民団体は国民に非ず?

市民団体は国民に非ず?

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年05月14日 (月) 20:22 | 編集
 “非国民”なんてトンデモないレッテル貼りの為の差別用語だ。誰でもその言葉を聞けば、そんな風に思うだろう。しかし、今週発売の『週刊新報』で、いわゆる“市民団体”は、大部分が日本国籍を持たない、日本人ではないという驚きのデータが提示された。
 記事によると、反戦団体や護憲団体、人権団体など、いわゆる“市民団体”と呼ばれる組織の大部分で、日本国籍を持つ人の割合が5割を切っているというのだ。執筆した記者は「市民団体というものは、現在では(日本の)国民団体ではなくなっている」と記事をまとめている。

 また日本国籍をもつ人々も、元外国籍で日本に帰化した人や、あるいは1代前、2代前の親族が帰化したというケースもかなりの割合だという。

 結局、多くの市民団体は、日本の国益ではなく日本以外の国の国益を考えて動いているというのが、日本の実情のようだ。

最新のランキング情報はこちら 

PR:「自虐史観」の病理

参照サイト・ブログ
国民投票法案成立…「世界に誇る9条がなくなる!」「法案粉砕!」と市民団体ら怒り(痛いニュース)
彼らは、なぜ市民団体か?(ソース版)
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
なにやらまた胡散くさい連中が沸いてきてるなぁ・・・
2007/05/15(火) 01:28:06 | ぬるぽなのはいけないと思います

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。