脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

中国製浄水器『聖清水』が大ブレイク

中国製浄水器『聖清水』が大ブレイク

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年05月09日 (水) 18:20 | 編集
 先日お伝えしたように、世界的レベルで中国製品が忌避される中、大ブレイクしている中国製品があるという情報をキャッチした取材班は、ある浄水器製造工場を尋ねるため北京市郊外へと向かった。
 今回、訪れたのは世界規模で大ブレイク発売中の浄水器『聖清水』を製造する企業『三星』の北京工場。それ程大きな規模ではないが、世界中からの注文をこなす為、今もフル稼働中だ。

 訪れた取材班に対応してくれたのは、社長の揚氏と宣伝部長を勤める毛氏で、中国内の経済動向などちょっとした世間話の後、もっとも気になる『聖清水』の爆発的な大ブレイクの理由をずばり訊ねた所、社長からこんな返答が帰って来た。

 「日本の浄水器もそうですが、中国以外の世界の浄水器は飲める水道水をおいしくするに過ぎません。しかし我が社の『聖清水』は違います。この浄水器は、蟯虫や回虫などの寄生虫や重金属等が混入していて、まず飲むことの出来ない中国の水道水を美味しく飲めるようにするのです」

 「このことを考えれば、我が社の『聖清水』と、他社の商品の能力差は歴然で、広報部長の提案を受けアメリカで、この内容をテレビCMで流したところ情報が世界に広がり、世界的大ヒットとなりました」

 どうやら、『聖清水』の人気の秘密は、劣悪な水道事情に悩まされた中国国民が試行錯誤した結果身につけた純粋な技術力と、それをうまくPRしたことが勝因のようだ。

 確かに日本の水道水は、大抵そのままでも飲めてしまう。日本の浄水器メーカーが、この劣勢を挽回するには、大変な努力が必要となるだろう。

最新のランキング情報はこちら 



PR:【検査セット】毛髪ミネラル検査★送料無料★(カドミウムや水銀、鉛など危険物の体内蓄積がわかる)




参照サイト・ブログ
“1000匹近いときも” 水道水に、細長い虫が混入…中国・北京市(痛いニュース)
中国の神秘

PS:開き直って中国ネタ3連続、それにしても寄生虫ですか・・・
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。