脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

キャットフードは猫の味、中国驚きのペットフード事情

キャットフードは猫の味、中国驚きのペットフード事情

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年03月24日 (土) 18:32 | 編集
 騒動はアメリカのある一消費者から始まった。それまで値段の安さから中国産キャットフードを自らの飼い猫に与えていた男性が、何気なく成分表示を見たところ、内容物に『cats』と書かれていたのだ。
 その男性は、最初は誤植などの間違いだろうと気にしなかったというのだが、しばらく経ったある日、ふとサポートセンターに電話をしてみようという気になって、内容物について電話で確認した。

 すると驚いたことに、サポートセンターの返答では実際に猫の肉を使っているというのだ。

 中国の漢方的な理念では猫に必要な栄養素を十分に備えている食材が猫そのものなのは当たり前、そのため、猫の餌に猫の肉を混ぜるのは合理的だという返答だった。驚いた男性が新聞社などにこの事実を投稿したことから、今回の騒動に発展した。

 現在、該当のキャットフードの内容物の欄は『粗タンパク質、粗脂肪、・・・』等と改編されており、内容物の詳細はわからなくなっているが、まだまだこの騒動は続きそうだ。

最新のランキング情報はこちら 



PR:食卓に毒菜がやってきた


参照サイト・ブログ
中国産の“毒入り小麦粉”を使ったペットフードで飼い犬や飼い猫が相次ぐ死…アメリカで大規模リコール拡大中(痛いニュース)
中国毒菜ニュース(脳内新聞ソース版)

PS:ネットで拾った嬉しそうな中国食材屋さん
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。