脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

東証(東京証券取引所)、思い切った経済振興策へ

東証(東京証券取引所)、思い切った経済振興策へ

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年03月12日 (月) 22:44 | 編集
 東証(東京証券取引所)は12日の記者会見において、株式の流動性を高め景気回復への加速度をつける為、株式市場の抜本的ルールを見直すことを発表した。
 ルール改正の中でもっとも影響が大きいものがが、ヴァーリトードルールの採用だろう。これは文字通り「ヴァーリトード(何でもあり)」という事で、法的に犯罪となるインサイダー取引や粉飾決済などを行っても、指定された罰金さえ払えば企業の株式上場は維持できるというシステム。

 この株式ルールの抜本改革により、上場企業の活動限界が取り払われ、株式市場の更なる活性化が起こることが期待されており、各企業も新たな株式ルールをに対応した新企業戦略を検討中だという。 

最新のランキング情報はこちら 

PR:緊急解明!ライブドアの経営手法

参照サイト・ブログ
日興コーディアル、東証上場維持(痛いニュース)
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。