脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

フレンドシップの魔法

フレンドシップの魔法

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月03日 (日) 18:55 | 編集
 他人の好意を受ける為のフレンドシップの魔法として『共通の敵を作る』というテクニックがあります。
 これは、『私は貴方と同じ価値観を持っている存在ですよ。貴方の同類ですよ』というメッセージを手っ取り早く伝える方法としては非常に強力な方法です。

 例えば、ネット内の最近のトレンドだと嫌韓の記事を取り上げるのは非常に有効です。韓国という共通の敵を取り上げれば、共感を受けたというコメントや反響が寄せられやすくなります。

 また実際の生活場面では、職場の同僚と飲みにいく場合は上司の悪口などを言って親睦を深めるのは良くあることです。

 福岡県筑前町の町立三輪中学校2年の男子生徒がいじめを受けたという遺書を残して自殺した問題でも、教師によって同様のテクニックが持ちいれられたようです。

 今回非難されている教師は、特定の生徒(この場合は自殺した生徒)を敵(笑い者やいじめの対象)に認定する事で、それ以外の生徒との親睦を深めたわけです。これは、他の生徒のコメントで『良い先生だと思った』というような内容があることからも窺い知れます。もっとも結果的に自殺者を出したことからわかるように、教師が生徒に対して使うには適切な方法とはいえなかったようではあります。

【破邪の魔法の使い方】

最新のランキング情報はこちら

PR:「場の空気」を読む技術

 かぼちゃ魔法師の『魔法の使い方入門』目次へ


 
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。