脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

朝鮮総連、破滅への道連れか?

朝鮮総連、破滅への道連れか?

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年11月12日 (日) 07:24 | 編集
 経済制裁を受けて青色吐息な北朝鮮財政。反面、日本の過保護な政策の中でヌクヌクと生活する在日朝鮮人勢力『朝鮮総連』。

(この記事は11月16日のサーバ障害によって削除された11月12日の記事を記憶を頼りに復刻したものです)
 そんな不公平な状況を不満に思ったのか、北朝鮮政府が、ぬくぬくと生きている朝鮮総連を道連れにする事を決意したようだ。

〈論調〉 在日同胞の生存権踏みにじる日本


 わが朝鮮に対する米国の制裁、封鎖策動が日ごとに悪らつになる最近、日本反動勢力は好機到来とばかりにその先頭に立って意地汚く振る舞っている。すでにわれわれに対する挑戦的な制裁騒動を起こした日本反動勢力は今、「追加制裁」までうんぬんしている。

 日本なしに生きてきたし、これからも視野に置かない日本の制裁、封鎖騒動に対してわが人民は、月夜の犬の遠吠えほどにも見なさない。そうした恥知らずな行為は、世紀と世紀を継いで積もり積もったわが人民の反日感情と報復意志を強めるだけである。

 問題は、日本反動勢力の制裁騒動が在日本朝鮮人総聯合会と在日同胞の存在と運命を脅かすところにある。

 周知のように、日本では最近、総聯の関連施設に対して実施してきた税金減免措置を取り消す事態が日本当局の背後操縦のもとにあちこちで起きている。

 総聯を政治的に弾圧するだけでなく、財政的に窒息させ、活動を抑圧して抹殺しようとする日本反動勢力の凶悪な下心が潜む故意の策動である。

 そうした企図は、在日同胞のもっとも初歩的な権利のうちの一つである出入国の権利さえも奪おうとしていることでいっそう明白になっている。

 かつて、日帝によって異国の地に強制的に連行されて苦役と不幸を強いられた歴史の被害者とその子孫である在日同胞の祖国訪問まで阻もうとする日本反動勢力に、はたして人間としての良心と道徳のひとかけらでもあるだろうか。

 総聯はこの50余年間、折り重なる厳しい試練と難関にも屈することなく愛国偉業の一路を力強く歩んできた生命力の強い在日朝鮮人団体である。総聯の後ろにはわが朝鮮がついている

 総聯中央常任委員会と各地の総聯組織は、日本反動勢力の不当な弾圧策動を厳しく断罪、糾弾する声明や談話を発表し、緊急集会を開くなど、大衆的な抗議闘争を積極的に展開している。

 わが朝鮮の尊厳と自主権を踏みにじり、侵害する日本反動勢力の総聯弾圧は必ず高価な代償を支払うことになるであろう。(労働新聞10月30日付署名入り記事)

朝鮮新報 2006.11.11 ※太字は脳内新聞による編集



 これまで、朝鮮総連は北朝鮮政府とは関係ない、核開発や日本人拉致とは関係ないと、白を切りとおしてきたことが、この北朝鮮政府の発言で、これまでの言い訳がすべて嘘だとばれてしまった。

 共食いを始めた北朝鮮政府と在日朝鮮人勢力である『朝鮮総連』、今後起こりうる暴走に、これまで以上の注意が必要だろう。

最新のランキング情報はこちら

PR:図説内側から見た朝鮮総連

参照サイト・ブログ
≪溺れる者は仲間も道連れに≫
北は絶望的に空気が読めなかったようです (真・騒動追跡記)
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。