脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

高齢者向け商戦、活発化へ

高齢者向け商戦、活発化へ

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年10月01日 (日) 18:16 | 編集
 日本における金融資産の70%以上を握る55歳以上の高齢者をターゲットとしたマーケティングが活発化している。景気回復の兆しを見せる日本市場中でも特に高齢者を対象とした広告商戦をウォッチした。
 メイド喫茶やキャラクターブームなど、萌えをテーマにした商戦も順調に拡大しているが、そのうち高齢者向けにカスタマイズされた物が『萌え孫』キャラクターだ。

 若い世代をターゲットにした『メイド』や『妹』などのキャラクターと違い、無条件で全ての年代から寵愛される『萌え孫』は、高齢者を含む、更に幅広い層の支持を受けると期待されている。

 また広告手法で注目されているのが、70歳以上の高齢者の80%が観戦しているといわれる大相撲である。十両の『萌えの海』など、毎回萌えキャラがプリントされた『萌えまわし』をつけている力士もおり、一つのブームを形作っている。
 既に横綱・大関クラスにも交渉が進んでいると言われており、特に人気力士の“まわし”の広告価値はすでに億円単位にまで及んでいると言う。

最新のランキング情報はこちら

PR:大相撲の経済学

参照サイト・ブログ
≪高齢者向け商戦活発化の兆し≫
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。