脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

『暴れん坊将軍』がロシアで現代風にリメイク

『暴れん坊将軍』がロシアで現代風にリメイク

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年07月19日 (水) 20:20 | 編集
 「国の最高執政者が自ら現場に乗り出して、問題を解決していく」等という事は実際にはありそうもないシュチュエーションではある。しかし、日本では昔から時代劇分野において『暴れん坊将軍』等を始めとして、一つの人気のあるテーマとなっている。
 その完成度の高い時代劇のシナリオに、ロシアの映画会社『MOZO-FILM』が目をつけ現代ロシア風にリメイクし完成させたのが、『Президент одичалым(大統領は暴れん坊)』だ。

 主役は現職大統領をそのままイメージしており、映画を見た観客は『フィクションとは思えない、特に(劇中の)大統領が(ロシア語で)「成敗!」と叫んだとき、腹心の部下達がAK47を乱射して敵を抹殺するところなど本当の出来事かと思った』という感想も多く、その臨場感に満足した様子だった。

 今回映画の総指揮を努めたハルヒスキー監督は「一番難しかったのが、大統領のハードボイルドでクールな雰囲気と原作の将軍の人情味をうまく折り合わせる事だった」と話し、「放してくれ、それは私の暴れんぼうだ」などのコミカルな台詞を話す場面を混ぜ合わせることでバランスを取ったという苦心した場面も覗かせた。

最新のランキング情報はこちら


「暴れん坊将軍」DVD 先駆け版
「暴れん坊将軍」DVD 先駆け版


参照サイト・ブログ
ロシアで日本ブーム 「2ちゃんねる」のロシア版も?(痛いニュース)
【プーチン】「我が同胞を拉致して殺した犯人を殺害しろ」情報機関に殺害命令を下す(痛いニュース)
   雰囲気あるなあ

参照画像:現職大統領
プーチン大統領(人情味ある?)
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
元KGBのエージェントであり、柔道はブラックベルト六段。

シンジゲートのゴロツキを投げまくるプーチンを想像して和露他。
2006/07/19(水) 22:38:34 | URL |   #-[編集]
面白かったです。
2006/08/14(月) 22:59:17 | URL | ペンギン666 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。