脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

韓国映画会社、宿泊費未払い問題で急展開

韓国映画会社、宿泊費未払い問題で急展開

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年06月12日 (月) 15:47 | 編集
 昨年、四国の高知県において撮影され、宿泊費やタクシー代等の未払い問題を起こして話題となった『Nightmare Dreams』が今月初めに封切りとなったが、期待通りの興行収入は得られ無かったようだ。
 その為、韓国映画会社は、日本のホテルやエキストラ協力などを行った日本の映画会社の責任を追及することを検討しているという。
 昨秋、韓国映画会社が起こした、スタッフ滞在費やエキストラ協力をした日本の映画関連企業などへ7000万円に及ぶ未払い問題は、その後、韓国映画会社が出した「映画興行が成功したら費用を払う」という条件を日本の企業側がしぶしぶ受諾するという形で収まったが、今回の興行失敗という結果を受けて未払い問題は暗礁に乗り上げ転覆した形だ。

 しかし、日本の企業にとって悪夢はそれだけでは終わらなかった。

 韓国映画会社側が、『今回の映画興行の失敗は、日本のホテルなどが何度も宿泊費を払えなどと言うことで執拗に精神的圧迫を加えてきたことや、エキストラ協力を約束していた企業が「経費を払えなければこれ以上協力はできない」などと理不尽な要求を出して撮影協力を拒んだことが原因』と主張し、合わせて12億円を超える損害賠償を請求してきた為だ。

 これに対し日本企業関係者は『とんでもない要求だ、まるで“悪夢の中で更に悪夢を見せ付けられている気分”だ』とコメントしており、当惑を隠せない様子である。 

最新のランキング情報はこちら


嫌韓流の真実!ザ・在日特権嫌韓流の真実!ザ・在日特権
帰化の増加、日本人との通婚の増加……。在日はやがて消滅する運命にあるのに、なぜいまだに「聖域」だけが残ったままなのか? 「在日特権」の真相から、「在日タブー」が成立した経緯、それが「弱者カード」として利用されてきたカラクリを初めて解き明かす!


参照サイト・ブログ
乞食が最後に勝つ(東亜観察日記)
   頭痛が痛い・・・
【高知県】韓国映画の撮影費5700万円いまだ払われず(特定アジアニュース)
韓国映画の経費未払い。5700万円ぶっちぎり!(マスコミが言えない韓国の話)
韓国映画宿泊費未払い問題で朝鮮人「われわれも被害者」 (ドロンパ王国国民の独り言)
高知県にお金を返せ(韓流から我に返る)
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。