脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

マスコミ革命!紙の新聞に驚異の機能

マスコミ革命!紙の新聞に驚異の機能

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年06月07日 (水) 08:48 | 編集
 インターネットというデジタルの情報媒体に紙媒体の新聞は圧迫をされている。その状況を改善すべく大手新聞各紙では驚くべき実験を繰り返していた。
 インターネットというデジタルの情報媒体が紙の媒体に対して圧倒的に有利な点がハイパーリンクと言う機能だ。

 これは文書内に埋め込まれた、他の文書や画像などの位置情報のことで、このハイパーリンクを用いて複数の文書や関連する画像などのオブジェクトを関連付けることで、通常の紙媒体では実現できない使い勝手の良さを提供できるシステムである。

 しかしそんなインターネットのハイパーリンクに対抗する為に紙媒体上でもリンクを実現する機能が開発されている。そのひとつが『エモーショナル・リンク』と呼ばれるものだ。

 実例を挙げると朝日新聞と産経新聞の社説のやり取りなどがあげられるだろう。

朝日新聞が社説にて下記の様な報道をした時、

君が代判決 教育に刑罰は似合わぬ

 都立高校を定年退職した62歳の元教師が、最後に受け持った教え子たちの卒業式に来賓として出席した。2年前のことだ。そのときの振る舞いが威力業務妨害の罪にあたる、との判決を東京地裁から言い渡された。

<中略>

 元教師の行為は批判されてしかるべきだ。

<中略>

 しかし、だからといって、暴力を振るったわけではなく、起訴して刑事罰を科さなければならないほどの悪質な行為だったとは思えない。まして、懲役刑を求めた検察の見識を疑う。
(朝日新聞2006年5月31日の社説よりhttp://www.asahi.com/paper/editorial20060531.html)


これに対し、産経新聞はこのように『エモーショナル・リンク』を展開した

【主張】君が代判決 妨害行為に刑罰は当然だ

 都立高校の卒業式で2年前、元教諭が「この卒業式は異常だ」などと騒いで式典を妨害した事件で、東京地裁は元教諭に罰金刑の有罪判決を言い渡した。

 判決によれば、元教諭は校長や教頭の制止に従わず、「触るんじゃない。おれは一般市民だ」「何で(元)教員を追い出すんだ」などと怒号を発し、卒業式を遅らせたことが威力業務妨害にあたると認定された。教職経験者とは思えない言動だ。同地裁が「厳粛であるべき式典の進行を停滞させ、いくら言論の自由としても認められない」としたのは当然である。

 この事件は、高校からの被害届を受けた警察が捜査し、東京地検が起訴した。教育現場で起きたことであり、刑事罰を科すほどの悪質な行為ではないとする一部新聞の論調がある。

 しかし、元教諭が行ったことは、常軌を逸脱している。学校だからといって、許される行為ではない。安易に警察沙汰(ざた)にすべきでないということは、児童生徒の問題行動などに対しては言えても、大人である元教諭にはあてはまらない。

 一部知識人は、今回の判決が教育現場を萎縮(いしゅく)させることになりはしないかと心配している。元教諭は国旗・国歌の実施を求めた都教委の通達を批判した週刊誌のコピーも配り、卒業生の9割が国歌斉唱時に着席してしまった。元教諭の妨害行為によって萎縮させられたのはどちらの方か、よく考えてもらいたい。

 この年の都内の卒業式では、国歌斉唱時に起立しないなど不適切な行動をとった200人近い教職員が都教委の処分を受けた。一部マスコミはこの処分を「日の丸・君が代の強制」「内心の自由の侵害」などととらえ、都教委を批判した。同じように、大人と子供への対応を混同した批判だった。

 学校は、子供たちが社会へ巣立つために必要な知識やマナーを身につけさせる公教育の場だ。卒業式や入学式では、国旗を掲揚し、国歌を斉唱することが求められている。

 ふだんの授業で、日の丸や君が代の意義や由来を含めてきちんと指導していれば、式典で強制しなくても、子供たちが自然な気持ちで日の丸を仰ぎ、君が代を歌うことができる。それが教育というものである。

(産経新聞2006年6月1日の社説よりhttp://www.sankei.co.jp/news/editoria.htm)


 インターネットなどデジタル媒体が主流となりつつある昨今でも、紙媒体の一覧性の良さなどの利点により、デジタルと紙を併用して活用している人は多い。この調子で紙媒体の技術開発が進めば、再度立場の逆転が起こるという未来もありうるかもしれない。

最新のランキング情報はこちら


グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)
グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)
既存のビジネスとそれを支えた価値観が次々と破壊されている。その担い手は、検索エンジンの怪物・グーグル。なぜグーグルはそれほどのパワーを持ち、そしてどのような影響を社会に与えようとしているのか、そんな疑問に迫る。
第1章 世界を震撼させた「破壊戦略」
第2章 小さな駐車場の「サーチエコノミー」
第3章 一本の針を探す「キーワード広告」
第4章 メッキ工場が見つけた「ロングテール」
第5章 最大の価値基準となる「アテンション」
第6章 ネット社会に出現した「巨大な権力」


参照サイト・ブログ
[ガンキャラネタ]1st 韓国はツンデレ(とりかご)
■[メディア]朝日社説と産経社説の鬱陶しい相思相愛関係~朝日の「バッチ来い」に照れる産経の「一部」「一部」「一部」(木走日記)
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。