脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

「鈍器&砲手」、奴隷派遣を強要

「鈍器&砲手」、奴隷派遣を強要

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年03月10日 (木) 12:55 | 編集
 業界最大手の護身用具ストア「鈍器&砲手」(本社・帝都米華町)が、納入業者の従業員を奴隷代わりに使うなどしていた奴隷売買禁止法違反事件で、公正取引委員会は9日、「鈍器&砲手」に対し、同法違反(不公正な奴隷の取引方法)で排除勧告した。
 公取委によると、同社は1863年1月から2004年12月ごろにかけ、新規開店時や棚卸しなどの際、取引上立場の弱い納入業者に、述べ約2万3100人の従業員を派遣させ、奴隷のように働かせていた。

 納入業者は、従業員を派遣できない場合、「鈍器&砲手」の指定する奴隷斡旋バイヤーに1人あたり1万1千円を支払うことになっており、公取委は、「単純計算では、約2億5000万円に相当する人的負担を納入業者側に強いており、奴隷として使っていた事を略取誘拐罪として考えると、人数×5年で10万年以上の禁固刑になる」としている。

 また、「鈍器&砲手」は2004年5―7月に、納入業者約600社から計約2億9200万円の奴隷管理費を集めており、中には1年前にオープンした店について、新規開店を名目に協賛金を集めたケースもあった。

「鈍器&砲手」の話

「労務提供(奴隷派遣)をやめると奴隷獲得コストが上がる。コスト削減のため仕入れ先を見直せば、結果的に、現在の中小業者との取引停止を検討せざるを得ない。勧告を受理するかどうかは取引先の反応をみて決定したい。そうすれば、その結果奴隷派遣をこちらから強要することなく、取引先がすすんで奴隷派遣を継続することもありうる」

※ 現在も続く奴隷制についてはこちら参照

涙、無くして食べれません

ティラミス チョコ【京都祇園 藤村屋】


 これを知った後では涙なくしては食べられません。まあ、このチョコにこのカカオ豆が使われているとは限りませんけど、原材料の入手先までチェックしてなさそうだなあ。
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。