脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

中国キリスト教問題、「北京法王」擁立の動きも

中国キリスト教問題、「北京法王」擁立の動きも

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年05月08日 (月) 21:35 | 編集
 ローマ法王庁は2006年5月4日、中国政府公認の宗教団体「中国カトリック愛国会」がローマ法王庁の意向を無視する形で任命した司教2人らを破門した。そのことを受けて、現在、中国政府宗教事務局内で大きな動きが起きている。
 ローマ法王庁の動きに対し中国宗教事務局のスポークスマンは、「バチカンは中国への内政干渉を止めるべきだ。中国政府には中国カトリック教と多くの信者の共同の願いを尊重する為に、バチカンの誤った干渉を排除する用意がある」と語った。

 具体的な話としては、スポークスマンからはコメントが出なかったが、中国カトリック教関係者の話によると、「中国カトリック教は自主的な宗教活動を堅持する為、ローマ法王庁に頼らない体制を築く準備をしている」という。

 中国では、先のチベット仏教弾圧の過程で、中国政府主導により宗教側の意見を無視して政府に従順な人間を宗教指導者(パンチェン・ラマ)として擁立した前歴があり、関係者の間では、今回も『北京法王』等が中国政府によって擁立されるのではないかとも話されている。

 また、それを裏付けるかのように破門騒動と前後して中国国内からローマ法王庁へのインターネットアクセスが出来なくなっており、Gaagleや百度など大手検索エンジンでも『キリスト教』や『ローマ法王』『ベネディクト16世』などの語句の検索結果が制限されているとの情報もある。

最新のランキング情報はこちら


チベットを知るための50章チベットを知るための50章
本書は世界中で評価を受けているチベット文化の様々な側面を、過去から現代に至るまで、また、内と外の視点から総合的に紹介することを目的としている。1では、開国に始まり中国の侵入によって終わる伝統的なチベット世界の歴史を、チベット人の信じるがままに紹介した。2では、チベット仏教をテーマとし、3では、仏教以外の生活文化、ボン教、医学、音楽、占星術などについて扱った。4では、「外部から見たチベット」像を扱った。5は、ダライラマ、カルマパ、パンチェンラマなどの現代を生きる高僧達に焦点をあててチベット人が今現在直面している問題をあぶりだした。

【目次】
1 聖者たちのチベット(観音菩薩に祝福された民―開国伝説/“世界の屋根”チベット高原―チベットの地理 ほか)/2 雪の国の仏教(チベットからみたインド仏教―インド仏教略史/無尽蔵の智慧の宝庫―チベット仏教の聖典 ほか)/3 暮らしの文化(ラサ近郊のある農家の暮らしから―チベットの衣食住/解脱へと近づくために―チベット仏教の僧院生活 ほか)/4 チベット・オリエンタリズム(名探偵ホームズの秘密―チベットをめざした探検家たち/シャングリラの原像―隠された聖地の伝説 ほか)/5 チベットのいま(チベット高原サンクチュアリ化計画―弾圧と環境破壊/自由と真実を求めて―チベット人たちのいま ほか)


参照サイト・ブログ
中国任命の司教ら破門 バチカンが非難声明(西日本新聞)
   あと2チャンネルスレ色々
チベットを知る為に(ダライ・ラマ法王日本代表部事務局)
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
お願い
ブログ紹介サイトが出来ました。
もし、あなた様がよろしければ・・・
当サイト「BlogStation69」にてあなた様のブログをご紹介させていただけないでしょうか?

ご登録はサイトよりお願い致します。
http://www.blog-station69.com
2006/05/10(水) 21:11:31 | URL | BlogStation69 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。