脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

上海総領事館員の自殺について中国正論を返す

上海総領事館員の自殺について中国正論を返す

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年04月01日 (土) 00:00 | 編集
 2006年3月30日に、在上海日本総領事館の館員(当時46歳)が中国の情報当局から外交機密などの提供を強要され自殺した問題の詳細が読売新聞でスクープされた件で、中国外務省の副広報局長が即座に反論した。

 「この問題は、わが国の調査結果では、日本の上海総領事館員の自殺と中国政府とはなんの関係もないと、既に結論が出ている。どんな組織が関わったかは引き続き調査中だが、10億人以上の人間の中から数人の人間を探すのであるからおのずと限界はある」
 「中国語の文書があったとの事だが、中国語の文書は中国人ではなくても中国語を知る人間なら誰でも書ける。『中国語の文書=中国政府に関係がある』と考えるのは余りにも短絡的」
 「遺書に中国公安関係者云々と書かれていた事も同様で、どんな国、あるいは組織でも中国人を雇うことは簡単であり、『遺書に脅迫してきたのが中国人の公安と書かれている=中国政府が関わっている』というのも短絡思考である」

 等と発言し、日本の報道が短絡的に中国に責任を押し付ける様子を糾弾している。また、

 「だいたい、日本はすでに(永田メール問題などで)信憑性のない怪文書に振り回されるのは懲りているだろう。根拠のない怪しい資料を振り回して虚言を呈するのは韓国だけで十分だ」
 「そもそもこの問題は、日本の外務省職員に対する教育がだらしないのが主な原因。海外に出て、いい気になって女遊びに明け暮れ、そこを付け込まれて国益を損なう行為を強要される等、まともな外交員教育を受けていれば、ありえないことである。4千年の歴史の中で様々な謀略戦を熟知する中国の役人なら決してそんな無様な体は曝さないだろう」

 と発言し、日本政府の対応も非難している。更に、

 「この問題に関しては日本政府に対して『女に溺れるような人物を海外の総領事館に配置するのは止めたほうがいい』と丁寧に助言し、少なくとも日本政府の教育より数段進んでいると思われる『中国公安が行う“対諜報戦セミナー”への割引チケット』を渡した事でけりがついている」

 と締めくくっている。

最新のランキング情報はこちら

PR:

参考サイト・ブログ
明らかになった上海領事館員の遺書(アジアの真実)
自殺上海領事館員の遺書入手(某赤い国Life)
外交は非情なり(電脳空間「高天原」)
大きな捏造(Coolog)
中国側、機密執拗に要求…自殺上海領事館員の遺書入手(慶文堂ひま人日記)
上海総領事館員自殺事件 遺書の内容を読売がスクープ(東亜の葉っぱ)
上海・日本領事自殺:「脅迫、どう喝あった」 安倍官房長官、中国当局を非難(音楽と日々之雑感)
中国側、機密執拗に要求…自殺上海領事館員の遺書入手(40代の私にとっての最新情報・重要ニュース)
中国側のやり方が、あらためて・・・「上海領事館員自殺の件」(「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
領事/教科書(◆ケシクズ◆)
上海領事館員の遺書公開 媚中政治家の責任を追及すべき時が来た(屋根の上のミケ)
上海領事館員の遺書(理性の詭計と我田引水)
許すまじ!?(中韓)(いつもゴロゴロダラダラ)
今日のニュース。(sigh)
安倍長官小気味のいいジャブ、な件(涼風庵)
中国スパイ(半端者のつぶやき)

PS:
 死者に鞭打つような内容ですみません。以前ニュースを聞いたときに書いて(不謹慎かなと思い)一度お蔵入りしたネタなんですが、ネット上で日本側の問題点に触れているサイトがあまり見れなかったのであげときます。
 詳細な事情まではわかりませんのでなんとも言えませんが、(家族を殺すとか脅されてたかもしれませんし・・・、私のこの意見は、不十分な事実に基づく、本当に憶測だけで言っていることですが)死ぬぐらいだったらもっとなにか出来たのではと思ってしまうのです。



[2006.04.11]同情論・反中論以外の違う意見が出てきたので追加

外交、諜報活動と美人局について語るオンナたち(時事を考える)
   こちらから下2個の記事を発見
買春する日本のアホ男(神林広恵ブログ)
   外交官に対する意見には同感ですが、別のことが気になってしまった。
   この方の周囲にはバカな男しか近寄ってこないんでしょうか?
   個性が強烈過ぎて、賢い男は近寄らなさそうな感じもします。
   (男は皆、こう反応するだろうと想像で書いたのかもしれませんが)   
< あたしの欲しいもの >(室井佑月blog)
   売春は警察に見つからなきゃOKなのか^^;
   「女なんてしょせん云々」と言われるのが嫌いそうな人に限って、
   「男なんてしょせん云々」ってよく言うんだなあと再確認しました。同類嫌悪かな?
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
TBありがとうございます

日本側の問題が言及されていない件ある意味仕方ないと思います
今後は、難しいかもしれないが遺族の協力も得て中国側が反論できないような証拠を出せるかどうかでしょうね

それにしても、害務省も含めて日本の組織って外には弱く内には強気な内弁慶なところが・・・
他の国に阿るマスコミも・・・
言うべきことをいわないがゆえにネット上にしろ、一般市民が過激になってくることを上は考えないと
2006/04/01(土) 02:33:28 | URL | じおんぐ #-[編集]
コメントありがとうございます
じおんぐ様、コメントありがとうございます。

本当に、「日本の外務省は内交は得意ですが、外交が苦手です」というのは笑い話にもならないですね。

しょせん、今から言っても後知恵ではありますが、脅迫してきたという相手を特定できる録画なり、録音なりがあれば、職員の方は死ぬ必要など無く、むしろ英雄になれたかも知れないと思うと本当に残念です。もっとも、中国側はそんな事が考えられなさそうな人間を選別してから狙ったのでしょうけど。

なんだか、映画の『フォーンブース』を思い出してしまいました。
2006/04/01(土) 06:15:54 | URL | かぼちゃ魔法師 #89zBIK8s[編集]
そうなんですよねェ
TBありがとうございます。

そうなんですよね。
本当は自殺など選ばずに生き証人としてがんばって欲しかったんですけど、でも日本政府がそこまで対応してくれるか?本人および家族・関係者の安全を保障してくれるか?などと考えると、ちょっと・・・というところがあります。
腹黒さにおいては中○には敵いませんから。
2006/04/01(土) 07:14:18 | URL | 彦勘助 #W6545ECQ[編集]
コメントありがとうございます
コメントありがとうございました

今回の事件、中国側が反論できないような証拠を一刻も早く見つけて欲しいと思います
無いといって捏造する人が出ると困りますが
2006/04/01(土) 16:51:39 | URL | 鉄夫 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
中国側、機密執拗に要求…自殺上海領事館員の遺書入手領事館員の自殺原因、安倍長官「中国側の非情な脅迫」『2004年5月、在上海日本総領事館の館員(当時46歳)が自殺した問題で、館員が中国の情報当局から外交機密などの提供を強要され、自殺するまでの経緯をつ....
2006/03/31(金) 22:42:41 | 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース
中国の卑劣なやり方が、、、
2006/04/01(土) 00:05:10 | 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
「あなたは電信官だろう。報告が全部あなたの所を通るのを知っている。館員が会っている中国人の名前を言え」2004年5月に在上海総領事館員が自殺した問題で、総領事館員が中国の情報当局から外交機密などの情報を強要されていたことが記された遺書の全容が判明しました。...
2006/04/01(土) 00:50:15 | Y's WebSite : Blog ~日々是好日~
久々に腹立たしく思う事件である04年に上海の日本総領事館の館員が自殺した事件で館員が中国の情報当局から外交機密にあたる情報の提供を強要されていた事を証明する遺書の全容が
2006/04/01(土) 01:22:21 | ダブログ
中国側、機密執拗に要求…自殺上海領事館員の遺書入手 2004年5月、在上海日本総領事館の館員(当時46歳)が自殺した問題で、館員が中国の情報当局から外交機密などの提供を強要され、自殺するまでの経緯をつづった総領事あての遺書の全容が30日判明した。 本紙
2006/04/01(土) 06:04:04 | いとあはれなり
(引用開始)中国側、機密執拗に要求…自殺上海領事館員の遺書入手 2004年5月、在上海日本総領事館の館員(当時46歳)が自殺した問題で、館員が中国の情報当局から外交機密などの提供を強要され、自殺するまでの経緯をつづった総領事あての遺書の全容が30日判明..
2006/04/01(土) 07:07:24 | 慶文堂 ひま人日記
まだ「カードがあるよ」と、「ちらっと見せた」程度ですが、中共は動揺を隠せないといったところではないでしょうか。中共には、「ゲームのルールが変わった」ことを、きっちり教育してやるべきです。
2006/04/01(土) 12:41:04 | 涼風庵(麻生閣下を次期総理に!)

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。