脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

無毒な毒キノコを開発、新食感への挑戦

無毒な毒キノコを開発、新食感への挑戦

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年04月21日 (木) 11:39 | 編集
 大衆的なグルメブームは既に過去のものとなって久しいが、いままで食べたことのない食感の追求に余念のない食通達は絶えることなく存在している。
 そんな食通グループの1つである「全国きのこ食い倒れ委員会」が千葉県のキノコ栽培農家と共同でベニテングタケを始めとする猛毒で食用を禁じられている各種毒キノコを特殊な栽培方法で無毒化することに成功したとして、地域限定で毒キノコの販売を解禁する「毒キノコ特区」の認定を申請した。
 20日に食品の安全性を審議している日本食品安全委員会の専門調査会が開かれたが、「無毒化の科学的根拠が不十分で、安全性を評価するには不明な点が多い」という意見が大勢を占めた。

 「全国きのこ食い倒れ委員会」側の「食べてみれば安全かどうかすぐにわかります」という主張は認められず、事実上、「安全性の評価は困難」との報告書になる見込みで、「禁断の味」を求める食通の夢の実現は難しそうだ。

参考資料 【昔から伝えられる毒キノコ判別法及び対処法】

1 縦に裂けるキノコは毒が無く食べられるものが多い
2 色の鮮明なものは毒キノコ。おとなしい色のものは食べられる
3 ナスにはキノコ毒に対する解毒作用がありナスと煮れば中和される
4 塩漬けにすれば毒素が抜け食べられるようになる
5 虫に食われているものは当然食べられる
6 煮汁の中に銀さじを入れ黒く変色する場合は毒キノコ
7 油で炒めると毒が熱で分解されるので食べられる
8 乾燥させれば食べられるようになる毒キノコが多い

 (昔から以上の様な迷信からくる判別法が伝えられています。
自己責任で試すのは自由ですが脳内新聞スタッフは一切責任をとりませんし
脳内新聞スタッフ自身は絶対自分では試さないと断言しておきます)


[記者:かぼちゃ魔法師]

毒キノコいろいろ


おいしいキノコと毒キノコおいしい毒キノコ


念のため上の資料を小さく解説

1 クサウラベニタケ・カキジメジ・ニガクリタケなど数多くの毒キノコが縦に裂けます。完全に迷信です。

2 カキシメジ・クサウラベニタケは毒キノコですが非常に色がおとなしいです。

3 ナスには解毒作用などありません。胃腸をきれいにするとはよく言いますけどね。

4 ドクツルタケ、ツキヨタケにはまったく効果がありません。

5 キノコを主食としている虫は毒キノコでも平気で食べます。

6 毒キノコの成分に銀食器などが触れても変色したりしません。ちなみに銀は硫化物や塩化物などの科学的な薬物に対して反応します。毒じゃなくても硫黄温泉などに入れれば変色したりします。

7 油で炒めてもツキヨタケなどは油溶性の毒物が抽出されかえって毒性を強めることもあります。

8 カキシメジやドクツルタケなどを乾燥させて食べて中毒になった例もあります。
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。