脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

風評被害対策に新しい試み

風評被害対策に新しい試み

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年02月03日 (木) 11:27 | 編集
 最近の代表的な風評被害は平成15年12月末日にあった多賀銀行の事件が記憶に新しい。この騒ぎの発端は、こんな内容の電子メールだった。「緊急ニュースです! 某友人からの情報によると、26日に多賀銀行がつぶれるそうです! 預けてある人は明日中に全部下ろすことをお勧めします」メールは12月24日に同県内に出現し、1日かけて増殖、有名な掲示板「2ちゃんねる」にも憶測交じりの様々な情報が書き込まれ、25日午後には同行のATMに大量の預金者が詰めかけ、最終的には約180億円の預金が引き出される事態となった。
この被害は、ネットの情報伝達の速さという特徴だけではなく、長引く不景気による銀行倒産が相次いだという事実に触発され起こった物だが、再びこのような被害を繰り返さないための画期的な方法が、ある会社によって先日発表された。

会社の名は「To-channel(とーちゃんねる)」で、そのソリューションは大きく分けて2つ。ひとつは「カウンターアタック」。これは、ネット上で風評被害に結びつく偽情報が流れたときに、大量のダミー偽情報をメールや掲示板書き込みで流し、情報を受け取る人を混乱させて、偽情報を事実上無力化するというもの。もうひとつは「インターネットワクチン」。こちらは誰かがいたずらで流しそうな偽情報の悪意部分を弱めたものをインターネット上に常時流しておくことで、情報を受け取る人の偽情報への耐性を強め、実際に偽情報が流れたときにその力を無力化する。

 代表の石原小兵氏は「すでにいくつかの銀行や保険会社からオファーがあり、正式な開始を早めるべく努力している。当社の力でネット上の風評被害は激減すると断言できる」と話し、今後の展開にも自信をうかがわせる。

こちらは現実の被害用

スピードコール【エイム株式会社】


 センサーでピッキングや賊の侵入を感知し、大音量のアラームで撃退。更にはあなたの携帯電話への通報も自動で行います。

 また、万一使っていて盗難に遭った場合は購入金額を返してくれるそうです。

(エイム株式会社より)
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
インターネットに驚異を感じる紙やTV媒体の既存マスコミのネットを対象とした攻撃が本格化の様相を見せている。 具体的には、「経済アナリスト」や「政治評論家」を名乗る人物が、インターネット上のホームページやブログなどでデマやトンデモニュースを流す事でインターネ
2006/10/02(月) 21:21:15 | 脳内新聞(ソース版)

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。