脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

【革鞄・革財布】本物を手にしたことがありますか?[PR]

【革鞄・革財布】本物を手にしたことがありますか?[PR]

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年03月24日 (木) 12:40 | 編集
≪職人達が受け継いだもの≫


『手の平が物語る「職人」という時間』

 鞄職人の手。硬くて大きな手。まるで、鞄を作る道具の一部のように節々が盛り上がっている。いや、すでにその手自らが道具なのだ。
革切り包丁を握る手は、力強く、その拳はどんな岩だって砕いてしまうような気がする。筋張って頑丈だ。

「きれいな手だろ?(笑)」と、照れ笑いしながら手の平を差し出した、ベテラン職人の山岸さん。

「みっちゃん」と呼ばれる優しい職人の手は、意外にも柔らかかった。それでも所々に、硬くなった胼胝(たこ)がある。「やっとこ」と呼ばれる道具が当たる場所だ。利き手各指の第二関節と、手の平の下の部分が黄色く硬くなっていた。
「それでも、あんまりマメにはならないんだよ。」と自慢げに話してくれた。・・・以下略
(「手の平が物語る職人という時間」より抜粋して引用)


 作られた革製品、一つ一つにドラマが感じられる。そんな貴方だけのアイテムを確かな職人技で提供するのが、この『土屋鞄製造所』です。

 本気のビジネスには本気のアイテムが欠かせません。職人技だけが出せるこの革の色合いを、ぜひ一度ご覧下さい。


本物の革の色合いを見れるお店はこちら


 
≪使い勝手とお洒落を両立≫

 見た目は良くても、どこか使いにくい。市販のバックのそんなアンバランスさに泣いたことはありませんか?

 そんな人に、アクティブな女性の目線からデザインも使い勝手も両方の要望を叶えたアイテムをご紹介します。「デザインが可愛いからいいか」なんて、決して妥協しないで下さい。

 手を抜かない毎日を提供するお店だからこそ、ここまでの欲張りアイテムが見つけられるのです。

ランキング情報はこちら


デザインも使い勝手も両方が欲しい貴方へ

コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。