脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

米フロソダ州銃殺件数増加、邦人被害も

米フロソダ州銃殺件数増加、邦人被害も

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年10月03日 (月) 00:12 | 編集
 西部劇に見られるようなハードボイルドなフロンティアスピリッツの育成と、紛争や係争の早期解決の為に米フロソダ州にて「とりあえず撃て(シュート・ファースト)法」が成立した。
 この米フロソダ州で成立した「とりあえず撃て(シュート・ファースト)法」は、口論など意見の食い違いが生じた場合は、拳銃の所有者は発砲することによって解決して良いとするもの。

 現大統領の弟である州知事は「すばらしい法律だ。どんな問題でも瞬間的に解決できる」と話している。

 実際に今年4月の法案成立後からは裁判になる前に決着が着く為、裁判件数が減少している。しかし銃殺件数は増加、これまでに22名が死亡、120人以上が重軽傷を負っている。日本人からも死者1名、重軽傷4名の被害が出ているという。

 また、米国の他州は、「フロリダでバケーションをしたい?あなたの家族の安全を確かめてください。フロリダでトラブルは避けてください。フロリダの路上で運転手と口論するときは、格別に注意をしてください」(引用元:ABC振興会)と警戒を促しており、日本の外務省でも「フロリダに訪問する場合は遺書を用意してください。死体になった場合に備えて身元が判明する物を常に身に付けてください」と呼びかけている。

 全世界からフロソダ州に観光で訪れる者は昨年で8000万人。観光業はフロソダ経済の1/5を占めている。

PR:フロへ行きたい方はこちらをどうぞ (これで和んだら射殺の心配なし?)


参考サイト・ブログ(とりあえず撃て(シュート・ファースト)法案)
「フロリダに観光すると射殺される恐れがあります」と英新聞に広告
日本から年30万人、外務省注意呼びかけ バリ同時テロ
コメント
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
(アダルト詐欺サイトからのスパム対策の為、承認後表示されます)
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。