脳内新聞(ブログ版)
社会風刺中心の嘘ニュース・・・もとい・・・創作系テキストブログです。ニュース記事は全てフィクションとお考え下さい。

映画・アニメ・書評

映画・アニメ・書評

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年01月19日 (土) 22:14 | 編集
 ニコニコ動画のランキングで見つけて、その後、一気にぶっ通しで見たのですけど、すごく面白いです。原作全巻も一気に買ってしまいました。

 面白さのポイントはいくつもありますが、そのうちのひとつはギャング映画を髣髴させるミュージックの面白さでしょう。アメリカ禁酒法時代の場面設定にマッチした音楽はそれだけでアニメの魅力を何十倍にも高めています。
≫ "【バッカーノ!】なんだ単なる神アニメか・・・(アニメ評)" の続きを読む...
スポンサーサイト
2007年08月12日 (日) 23:02 | 編集
 なんとなく気が向いたので、久しぶりに押入れの中から太田忠司さんの書き下ろし長編本格推理小説である『狩野俊介シリーズ』を引っ張り出して読んでみました。
≫ "『狩野俊介シリーズ(白亜館事件等)』太田忠司(書評)" の続きを読む...
2007年06月30日 (土) 23:15 | 編集
 18年前に刊行された田中芳樹さんの「ウェディングドレスに紅いバラ」が新たに刊行され、同時刊行として続編の「夜空の双子座(ジェミニ)に紅いバラ」も6月に発売になったと聞いて、本屋に行ったのですが、近場の本屋には「集英社スーパーダッシュ文庫」自体が殆ど置いてありませんでした。しょうがなくこっちは通販で買おうと決めたのですが、何気に見た月刊『ASUKA』で『異界繁盛記ひよこや・商店』が最終回を迎えていたのを見たので、ちょっと須田祐里子作品全般について語ってみたいと思います。

≫ "『異界繁盛記ひよこや・商店』須田祐里子(漫画評)" の続きを読む...
2007年05月29日 (火) 23:57 | 編集
 待望の『ワンダフルデイズ』の第2巻が出ました。作者である荒井チェリーさんの描く独特の世界感は、なんだかクセになりそうなほのぼのさです。

≫ "『ワンダフルデイズ』荒井チェリー(漫画評)" の続きを読む...
2007年05月26日 (土) 23:35 | 編集
 本日ショックな出来事がありました。

 今朝、体温が37.2℃と微熱の状態だったのですが、つい眼鏡っ娘分を補給したくなって古本屋に行ってきたのです。

(ネタバレあり)
≫ "『バタフライ(相川有)』でショックな漫画体験(漫画評)" の続きを読む...
2007年05月17日 (木) 22:16 | 編集
 最近になって、初めてサムライチャンプルーを見たのですが、そしたら無性に『風まかせ 月影蘭』を見たくなってしまいました。

 なぜかというと、シュークリーム分時代劇分を補充したくなったからです。

≫ "『風まかせ月影蘭』大地丙太郎(アニメ評)" の続きを読む...
2007年05月06日 (日) 21:53 | 編集
 何となく最近中国・韓国のネタが多くなりすぎてきたので、『はやて×ブレード』の漫画評でも書いて息抜きしてみます。ここで、あえて『ハヤテのごとく!』の方を避けるのがポイントです。
≫ "『はやて×ブレード』林家志弦(漫画評)" の続きを読む...
2007年04月27日 (金) 20:44 | 編集
 待望の苺ましまろの5巻が発売されました。ほのぼの系好きなかぼちゃ魔法師にはジャストミートな漫画の一つです。とりあえず要点をかいつまんでご紹介。
≫ "『苺ましまろ5巻』ばらスィー(漫画評)" の続きを読む...
2007年03月28日 (水) 19:32 | 編集
 『GUNSLINGER GIRL』の8巻が発売されたのでちょっと書いてみます。

 かぼちゃは、ほのぼの系漫画が好きだと公言しています。最近では『荒井チェリー』さんとかに嵌っていたりします。
 かぼちゃ的には、ほのぼの系漫画の楽しみ方はストーリーを楽しむというよりは“世界観に浸ること”だと思います。
≫ "『GUNSLINGER GIRL』相田裕(漫画評)" の続きを読む...
2007年03月10日 (土) 23:39 | 編集
 医療系の記事を書こうかなとか考えていたんですけど、良いネタが思いつかなかったので、痛いニュースさんの黒人プリンセス記事で思い出した、『クレオパトラD.C.』の漫画評でお茶をにごす事にします。
≫ "『クレオパトラD.C.』新谷かおる(漫画評)" の続きを読む...
2007年02月03日 (土) 23:56 | 編集
 最初に言っておくと、八房龍之介氏の書く『宵闇眩灯草紙』は非常に好きな漫画の一つです。熱血漫画でよくあるような人間的成長とか、友達との友情とかいった一貫したテーマは無く、基本的には作品内世界の雰囲気を楽しむ漫画ですが、こういった形式の漫画は大変好みなんですよ。
≫ "『宵闇幻燈草子』八房龍之介(漫画評)" の続きを読む...
2007年01月05日 (金) 19:29 | 編集
 鬼公子炎魔のDVDを見ていて、「なんだかビジュアル的に夢幻魔実也にかぶるなあ」とか思っていたんですが、その後、ネットをあちこち見ていてひょんな事から「夢幻紳士の新シリーズが再開している」との情報を見つけ、衝動買いしてしまいました。
≫ "『夢幻紳士・逢魔篇』高橋葉介(書評)" の続きを読む...

【情報スペース】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。